【Postfix】【Django1.4】さくらvpsでPostfixを使ってメール送信用サーバを実装した時のメモ

DjangoとPostfixを使ってメールを送るまでのメモ

Postfixの導入

Postfixのインストール

# インストール
sudo yum install postfix

# 使うMTAをPostfixへ変更
sudo alternatives --config mta

# Postfixの起動
sudo /etc/rc.d/init.d/postfix start

# Postfixの自動起動をon
sudo chkconfig postfix on

Postfixの設定

myhostname = FQDS名
mydomain = ドメイン名
myorigin = $mydomain

# 待ち受けるinterface
inet_interfaces = localhost

# ipv6は使わない
inet_protocols = ipv4

# @以降
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain

# 中継するip
mynetworks = 127.0.0.0/8

# telnetなどで接続された時にサーバソフト名を隠す
smtp_banner = $myhostname ESMTP unknown

# header_checksの指定
header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

/etc/postfix/header_checksの編集

  • 以下追加
/^Received:.*127\.0\.0\.1.*/ IGNORE

/etc/sysconfig/iptablesの編集

  • SMTPのポート(25)を開ける

Djangoの設定

settings.pyの編集

# 追加
EMAIL_HOST = 'localhost'
EMAIL_PORT = 25

これでdjango.core.mail.send_mail()などが使えるようになった.